脱毛の種類と特徴

脱毛には様々な種類があります。

 

エステサロンやクリニックで行われる本格的なものから自分でもできるお手軽なものまで、それぞれの特徴とメリットやデメリットを説明します。自分で行うものの場合、カミソリで剃る場合は簡単で安上がりですが、剃った後の毛が太くなったり肌に負担がかかったりする上、マメにじっくりと処理をしていく必要があります。毛抜きも安上がりですが、1本1本抜くのは手間がかかるし、抜き方次第では痛みを伴うこともあります。脱毛テープは広範囲をいっぺんに処理できますが、はがす時に痛みを伴ったり肌を傷めることもあります。使用前に毛を伸ばしておくことも必要になります。ワックスは固形のものを加熱し、溶かして使いますが温度が高くてヤケドを負うこともあります。エステやクリニックで行うものの場合でレーザー脱毛は、メラニン色素にのみ熱を加える反応のレーザーを使い、内部から脱毛するものです。肌を傷つけず、痛みも少なくて済みます。ただメラニン色素に反応する関係で、日焼けしていたりすると、効果が出ないこともあります。電気脱毛は電気を使って「毛根」「毛乳頭」共に高い周波や低い周波などの電流を流し、毛の1本ずつ焼きながら処理をする方法で肌の負担が少なく、施術後の永久性が高いです。施術時に痛みを伴うことがあり、毛穴ごとに針を差し込むため時間がかかります。ビューティー26光脱毛は「フラッシュライト」と呼ばれるものを使った処理法で、毛や毛根の周辺のメラニン色素自体に反応させる方法です。肌への影響も痛みもなく、施術時間も短時間で済みます。ただ期間を空けて繰り返し施術を行う必要があり、完了までは時間がかかります。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り