脱毛の方法とその作用

脱毛の方法は、電気脱毛(ニードル脱毛、絶縁脱毛)、医療用レーザー脱毛、光脱毛(IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛)、ワックス脱毛などがあります。

 

 

ビューティー28電気脱毛は、1つずつ毛穴に針を差込み、電気を流して毛根に当たる場所を壊す脱毛法ですが、高周波の電気を流す高周波法、直流の弱電流を流す電流法、これら2種類の電流を合わせたブレンド法があり、その種類は、脱毛処理の際に肌を痛めないよう毛根部のみに通電する絶縁針脱毛と金属アレルギーを防ぐチタンやゴールドで加工した針を使用するニードル脱毛が主なものです。医療レーザー脱毛は、医療用のレーザーを使用し、毛根メラニンにのみ作用する特殊なレーザーを照射することにより毛根や毛包を破壊し脱毛する方法です。光脱毛は、色々な波長が集合した光を特殊なフィルターを通して、脱毛に適した波長を取り出し、その光を毛根部に照射することにより、毛根や毛包を破壊し脱毛する方法です。光脱毛の主な種類には、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛があり、IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトというレーザーを使用して行われ、フラッシュ脱毛は、フラッシュ光線という光を使用し、プラズマ脱毛は、「キセノンフラッシュ光線」という名前の光を使用して行われます。ワックス脱毛は、ミツロウやパラフィンなど脱毛専用のワックスを使用し、複数の毛を毛根から一気に抜き取りますが、痛みを伴い肌へのダメージも大きいため、十分な肌ケアが必要です。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り