医療脱毛の効果とは

医療脱毛で使われる医療レーザーはムダ毛の毛根組織を破壊して、毛を生えなくする脱毛方法です。この毛根組織を破壊する行為が医療行為とみなされ、日本では医師免許がなければ、施術できません。毛根組織を破壊するので、毛が生えないようにできるのが、医療レーザーの特徴です。レーザー光による医療脱毛は毛のサイクルに合わせて行います。成長期、退行期、休止期のうち、成長期にある毛に対して効果があります。この成長期にある毛の毛根組織を破壊するまで出力があげられるのがエステとは異なる医療脱毛の特徴で、その毛は生えてこなくなります。今生えている毛は全体の2~3割程度といわれていますから、それを定期的に行うことで、お手入れ不要の肌にしていくことができるのです。これに対して、エステでの脱毛は出力が小さいのが特徴で、脱毛効果は緩やかなため、より多くの回数を重ねる必要があるのです。料金体系はエステの方が気軽に通えるプランを設けるところが多く、1年フリーパスで医療脱毛より安く通える場合が多くみられます。しかし、脱毛周期の観点と、予約の取りにくさにより、実際には2~3か月先の予約しか取れず、結果的に6回通えるかどうかといったところのようです。効果が緩やかなうえに、脱毛回数も少なくなり、結局、追加して行うことになるケースが多いのがエステ脱毛の現状です。ビューティー25医療脱毛でしたら、1回で実感できる脱毛効果はエステ脱毛に比べて高く、その分、納得のいく脱毛ができるまでの期間が短くなる効果が期待できるのです。短期間で効果を得たいのなら、医療脱毛で美肌を手に入れましょう。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り