永久脱毛とは?

自己処理で脱毛する方法のほとんどは永久脱毛とは対極にあります。

 

剃る、抜く、などでは毛の根っこに当たる「毛乳頭」は皮膚の中に残っているので、毛は再び生えてきます。これに対しエステティックサロンや脱毛サロン、医療機関における脱毛は、レーザーなどを用いて毛乳頭を破壊したり、ダメージを与えます。これをさして、自己処理との区別化のため、永久脱毛と呼んでいます。では、「永久」とはどんな意味があるのか?先ずは広辞苑で調べると、「いつまでも変わらず続く事。ながく久しい事。長くつづくこと。永遠。」とあります。ということは、終わりがない、という概念ではないということになります。そこを踏まえて、いろいろな機関で定められている永久脱毛の定義について触れていきながら、考えてみましょう。まず、アメリカ電気脱毛協会の永久脱毛の定義は、「脱毛が終了して1カ月後の時点での毛の再生する率が20%以下である場合」とあり、この状況をもってして永久脱毛という判断を下します。また、ある美容クリニックにおいては、「最終施術後、6か月以内に毛が再生しなかった場合」を永久脱毛がなされた状態と定義付けしています。つまり、いろいろな定義、判断の基準があるというのが実情で、毛が再生する期間、割合の定義はじつはまちまちなのです。

 

 

そして重要なのは、最初に広辞苑における「永久」になぞらえてもそうであるように、永久脱毛とは「どれくらい時間が経とうとも絶対また毛が生えて来る事はない」ということではないということです。言い換えれば永久脱毛が達成されたという判断の後でも毛が生えて来ることは有り得る、ということなのです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り