‘未分類’ カテゴリー

口コミの評判

永久脱毛は、女性の憧れです。やはり毛深いのは恥ずかしいですし、毛深くなくても毎回の脱毛の処理は大変なことです。一旦、脱毛してしまえばもう生えてこないとなればおしゃれをするにもだいぶ楽になります。そんな永久脱毛はよい思いだけではありません。永久脱毛の注意点に気をつけていかなくてはいけません。永久脱毛の注意点その1は、まずどこで永久脱毛するのかです。永久脱毛はエステサロンやクリニックのイメージがほとんどですが、病院でも永久脱毛してくれるところがあるのです。病院でかかるなら、当然、永久脱毛してのその後のトラブルに関しても皮膚科でみてもらうことができるでしょう。そして、病院ですのでエステサロンより金額の幅もないかもしれません。永久脱毛の注意点その2は、場所によって金額や通院回数、効果などが違うという点です。おしゃれなエステでやりたいと思っても法外に高い金額のエステサロンもあるかもしれません。カウンセリングでよく相談し、納得してから脱毛してもらうことです。あた、アフターケアがしっかりしているところであれば肌トラブルになっても安心して通えます。永久脱毛の注意点その3は、できるだけ口コミの評判も参考にすると良いです。自分では親切そうで良かった、と思っても他の方たちからみたら、不衛生だった、効果がなかった、金額が高すぎるなど不満があるところかもしれません。

 

ビューティー29永久脱毛する女性も多くいますので、みなが納得して脱毛をうけ、その後もトラブルの少ないところで受けらるのが一番安心です。

脱毛の方法とその作用

脱毛の方法は、電気脱毛(ニードル脱毛、絶縁脱毛)、医療用レーザー脱毛、光脱毛(IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛)、ワックス脱毛などがあります。

 

 

ビューティー28電気脱毛は、1つずつ毛穴に針を差込み、電気を流して毛根に当たる場所を壊す脱毛法ですが、高周波の電気を流す高周波法、直流の弱電流を流す電流法、これら2種類の電流を合わせたブレンド法があり、その種類は、脱毛処理の際に肌を痛めないよう毛根部のみに通電する絶縁針脱毛と金属アレルギーを防ぐチタンやゴールドで加工した針を使用するニードル脱毛が主なものです。医療レーザー脱毛は、医療用のレーザーを使用し、毛根メラニンにのみ作用する特殊なレーザーを照射することにより毛根や毛包を破壊し脱毛する方法です。光脱毛は、色々な波長が集合した光を特殊なフィルターを通して、脱毛に適した波長を取り出し、その光を毛根部に照射することにより、毛根や毛包を破壊し脱毛する方法です。光脱毛の主な種類には、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛があり、IPL脱毛は、インテンス・パルス・ライトというレーザーを使用して行われ、フラッシュ脱毛は、フラッシュ光線という光を使用し、プラズマ脱毛は、「キセノンフラッシュ光線」という名前の光を使用して行われます。ワックス脱毛は、ミツロウやパラフィンなど脱毛専用のワックスを使用し、複数の毛を毛根から一気に抜き取りますが、痛みを伴い肌へのダメージも大きいため、十分な肌ケアが必要です。

自宅でできる脱毛方法って?

脱毛といえば医療機関やエステサロンなどで施術を行うのが一般的です。その方が綺麗に処理ができる上に手間もかかりません。しかし何度も通わなくてはならないし、当然金額もそれなりにかかります。自宅での脱毛にはどのような種類があるのでしょう。まずは毛抜きです。毛根から抜くので発毛を遅らせることができます。しかし痛みを伴う場合が多く、さらに毛穴に細菌が入りやすいので炎症を起こすケースがあります。ひどくなると色素沈着をしてしまい跡が残るので注意が必要です。次にカミソリによる処理です。お手軽で処理するのに痛みは伴いませんが角質まで削ってしまった場合肌がひび割れを起こしてしまったり、カミソリ負けをする可能性もあります。さらに剃っても剃ってもまたすぐにでも生えてきてしまうので繰り返し時期を見ながら行う必要があります。そして処理後はローションなどで油分を取り戻すことも肌には大切です。ビューティー27そして脱毛クリームを使用する方法です。これはパッチテストを行い、かぶれなどが出ないか確認してからの処理となります。そして処理後は肌がデリケートになっているのでその後の行動には十分な注意が必要です。他にも電気シェーバーなどが色々な会社から発売されています。これらは手間や時間はかかるものの比較的綺麗に処理することができます。しかし他の脱毛方法に比べ、本体を購入するための初期費用がかかります。このようにたくさんの方法がありますが、自分での手入れには十分な注意を払って処理をしないと炎症などで痛い思いをしてしまうので気をつけなければなりません。

脱毛の種類と特徴

脱毛には様々な種類があります。

 

エステサロンやクリニックで行われる本格的なものから自分でもできるお手軽なものまで、それぞれの特徴とメリットやデメリットを説明します。自分で行うものの場合、カミソリで剃る場合は簡単で安上がりですが、剃った後の毛が太くなったり肌に負担がかかったりする上、マメにじっくりと処理をしていく必要があります。毛抜きも安上がりですが、1本1本抜くのは手間がかかるし、抜き方次第では痛みを伴うこともあります。脱毛テープは広範囲をいっぺんに処理できますが、はがす時に痛みを伴ったり肌を傷めることもあります。使用前に毛を伸ばしておくことも必要になります。ワックスは固形のものを加熱し、溶かして使いますが温度が高くてヤケドを負うこともあります。エステやクリニックで行うものの場合でレーザー脱毛は、メラニン色素にのみ熱を加える反応のレーザーを使い、内部から脱毛するものです。肌を傷つけず、痛みも少なくて済みます。ただメラニン色素に反応する関係で、日焼けしていたりすると、効果が出ないこともあります。電気脱毛は電気を使って「毛根」「毛乳頭」共に高い周波や低い周波などの電流を流し、毛の1本ずつ焼きながら処理をする方法で肌の負担が少なく、施術後の永久性が高いです。施術時に痛みを伴うことがあり、毛穴ごとに針を差し込むため時間がかかります。ビューティー26光脱毛は「フラッシュライト」と呼ばれるものを使った処理法で、毛や毛根の周辺のメラニン色素自体に反応させる方法です。肌への影響も痛みもなく、施術時間も短時間で済みます。ただ期間を空けて繰り返し施術を行う必要があり、完了までは時間がかかります。

医療脱毛の効果とは

医療脱毛で使われる医療レーザーはムダ毛の毛根組織を破壊して、毛を生えなくする脱毛方法です。この毛根組織を破壊する行為が医療行為とみなされ、日本では医師免許がなければ、施術できません。毛根組織を破壊するので、毛が生えないようにできるのが、医療レーザーの特徴です。レーザー光による医療脱毛は毛のサイクルに合わせて行います。成長期、退行期、休止期のうち、成長期にある毛に対して効果があります。この成長期にある毛の毛根組織を破壊するまで出力があげられるのがエステとは異なる医療脱毛の特徴で、その毛は生えてこなくなります。今生えている毛は全体の2~3割程度といわれていますから、それを定期的に行うことで、お手入れ不要の肌にしていくことができるのです。これに対して、エステでの脱毛は出力が小さいのが特徴で、脱毛効果は緩やかなため、より多くの回数を重ねる必要があるのです。料金体系はエステの方が気軽に通えるプランを設けるところが多く、1年フリーパスで医療脱毛より安く通える場合が多くみられます。しかし、脱毛周期の観点と、予約の取りにくさにより、実際には2~3か月先の予約しか取れず、結果的に6回通えるかどうかといったところのようです。効果が緩やかなうえに、脱毛回数も少なくなり、結局、追加して行うことになるケースが多いのがエステ脱毛の現状です。ビューティー25医療脱毛でしたら、1回で実感できる脱毛効果はエステ脱毛に比べて高く、その分、納得のいく脱毛ができるまでの期間が短くなる効果が期待できるのです。短期間で効果を得たいのなら、医療脱毛で美肌を手に入れましょう。

全身脱毛とは

全身脱毛とは、医療機関やエステサロンなどで全身の無駄な毛の処理を、同時期に行うことを指します。以前は全身脱毛を行うにはとてもコストが掛かっていたために、脱毛したい箇所を絞って施術をするケースが多かったのですが、最近では脱毛技術も発達し、比較的ローコストで全身脱毛を利用することができるようになっています。全身脱毛を行う上での注意点としては、どの方法においても少なからず肌に負担が掛かるため、特に敏感肌の方や施術箇所、脱毛の方法によって、思わぬ色素沈着やヤケドのような赤みや痛み、ほてり等の症状を感じられる場合があります。また全身脱毛を行う前には、過度な日焼けにも注意します。これは、日焼け直後の肌はメラニン色素を多く含んでいるために、全身脱毛で多く使用されるレーザーや光での施術ができなくなってしまうからです。同じく皮膚に炎症などが見られる場合も、その部分は施術ができないこともあります。そのため妊娠中や生理中など、肌が過敏になりやすい時期はなるべく避けた方がリスクは低いです。ビューティー24一口に全身脱毛と言っても、その範囲は施術を行う施設によって曖昧なため、全身脱毛を行う前には、それぞれの施設でどこまでが全身脱毛の施術範囲なのかをきちんと確認することが必要です。全身脱毛の施術が完了するまでの期間は、脱毛箇所や自分の毛質、毛の生え変わる周期によっても変わるため、概ね1~2年程度となることが多いです。そのため施設を検討する際は、そこまでの通い易さも重要な判断材料となります。

定義、脱毛方法など

永久脱毛について、説明いたします。

 

ビューティー23まず、永久脱毛といっても、その脱毛が永久なのかどうかを確認するには、大変長い年月を必要とします。そこで、例えば、米国電気脱毛協会によれば、脱毛終了後、一ヶ月経った時点での再生率が20%以下である場合を永久脱毛と定義する、としています。また、あるクリニックでは、最終施術後6ヶ月以内に再度毛が生えなかった場合を永久脱毛と定義する、としています。ワックスやクリーム、剃る、抜く等の自己処理をした場合は、毛だけを抜く(または溶かす)事になります。しかし、根となる毛乳頭という部分は残りますので、毛は再び生えてきます。医療機関や脱毛エステサロンでの脱毛は、この毛乳頭を破壊したり、ダメージを与えるものです。そこで、毛だけを処理する自己の処理と区別する為に、永久脱毛という言い回しを使っている店もあります。しかし、厳密に言うと、これは間違った表現と言えるでしょう。また、脱毛の方法には数種類あり、その特性や効果等も差があります。永久脱毛の方法としては、代表的なものとして、針脱毛(細い針を使い、毛穴に1つずつ差し込み、弱い電気や高周波を流し、毛根部を破壊し再生させなくする方法)、レーザー脱毛(レーザー光を、毛の中のメラニン色素に反応し、熱を発生させ、毛根部にのみダメージをあたえ、毛根部(毛乳頭)を破壊する方法)、光脱毛(フラッシュ脱毛やIPL脱毛。レーザー脱毛同様、メラニン色素自体に直接反応させるといった方法)があります。

医療脱毛は得なのか

医療脱毛とは医療機関において行われる脱毛であり、エステではできない医療レーザー脱毛のことをいいます。これには電気針を用いた脱毛もありますが、これも医療脱毛に入ります。さてここではこの医療脱毛がエステでの脱毛と比べてお得かどうかについてみていきましょう。まず、クリニックなどの医療機関では医師の下で施術が行われるため、なにかトラブルがあった場合でもアフターケアは万全といっていいでしょう。しかしエステでの脱毛と一回の料金について比較すれば、どうしてもエステの方が安くなります。しかしエステで行われている施術は出力が弱いためその効果はあまり期待できず、永久脱毛を目指すなら何回も通うことが必要となってきます。この効果についていえば、医療脱毛であるレーザー脱毛や針脱毛ではほぼ永久脱毛に近い効果を期待できるといえます。ここでいう永久脱毛とは永久といっても完全な脱毛というわけではなく、それに近い効果があるかどうかでいわれているようです。また医療脱毛は医療行為とはいえ、全額自費で払わなくてはなりません。そして保険がきかないため、医療機関において自由に料金を設定できることからその料金もクリニックにより様々です。ですから評判がよくて料金が安いところを選べば一番良いですよね。ビューティー22それに対し、エステは勧誘があったり、高額な商品をすすめられることもあったりします。これらのことから、エステは安くても効果の点から何回も通うことを考えると、医療脱毛の方がトータル的にはお得といえるかもしれません。

永久脱毛とは?

自己処理で脱毛する方法のほとんどは永久脱毛とは対極にあります。

 

剃る、抜く、などでは毛の根っこに当たる「毛乳頭」は皮膚の中に残っているので、毛は再び生えてきます。これに対しエステティックサロンや脱毛サロン、医療機関における脱毛は、レーザーなどを用いて毛乳頭を破壊したり、ダメージを与えます。これをさして、自己処理との区別化のため、永久脱毛と呼んでいます。では、「永久」とはどんな意味があるのか?先ずは広辞苑で調べると、「いつまでも変わらず続く事。ながく久しい事。長くつづくこと。永遠。」とあります。ということは、終わりがない、という概念ではないということになります。そこを踏まえて、いろいろな機関で定められている永久脱毛の定義について触れていきながら、考えてみましょう。まず、アメリカ電気脱毛協会の永久脱毛の定義は、「脱毛が終了して1カ月後の時点での毛の再生する率が20%以下である場合」とあり、この状況をもってして永久脱毛という判断を下します。また、ある美容クリニックにおいては、「最終施術後、6か月以内に毛が再生しなかった場合」を永久脱毛がなされた状態と定義付けしています。つまり、いろいろな定義、判断の基準があるというのが実情で、毛が再生する期間、割合の定義はじつはまちまちなのです。

 

 

そして重要なのは、最初に広辞苑における「永久」になぞらえてもそうであるように、永久脱毛とは「どれくらい時間が経とうとも絶対また毛が生えて来る事はない」ということではないということです。言い換えれば永久脱毛が達成されたという判断の後でも毛が生えて来ることは有り得る、ということなのです。

カテゴリー
お気に入り